ネット国際恋愛の失敗談

ネット国際恋愛の失敗談

私が韓国へ留学したときの体験談です。
留学する半年前にFacebookを使用し現地(ソウル)の方数人と連絡を取り合っていました。
現地の文化やライフスタイル、観光スポットを知るためです。

 

そのうちの1人に、当時25歳でソウル在住の韓国人男性がいました。
彼は日本への留学経験がある大学生で、Facebook上での印象は、日本語が堪能・とてもキレイな顔立ち・とにかく優しい でした。
Facebookの写真を見ていたのですが、色白でSUPER JUNIORのイトゥク似です。
メッセージではいつも私のことを気にかけてくれ、韓国語の難しい文法や流行り言葉を教えてくれていました。

 

彼が日本語を勉強したいということもあり、私が韓国語で送るメッセージに対し、日本語で返信をしてくれていました。なので自然と、他の連絡を取っている現地の方よりもプライベートな会話が弾みました。

 

元々韓国人男性に全く興味がなかった私ですが、半年間連絡を取っているうちに、好意を抱き、早くソウルへ行き彼に会ってみたいと思うようになりました。
彼も同じ気持ちだったようで、留学してすぐ、彼と1日遊ぶことになりました。

 

とても楽しみな気持ちで待ち合わせに向かったのですが。。Facebookの写真とは別人でした。
太っていて、目が細く鼻は低いです。
芸能人でいうと、バナナマンの日村さんに似ていました。
本人いわく、Facebookの写真は、アプリで加工しているとのことでした。

 

また、実際に会って喋ってみると日本語はつたなく、翻訳サイトを駆使しながらの会話でした。後半はほとんど韓国語での会話で、私も韓国語は日常会話がやっとなレベルだったので、疲れてしまいました。

 

想像とはかけ離れていた彼に、私が冷めてしまったせいか、今まで優しさだと思っていた彼の行動が全てしつこさに感じるようになってしまいました。
こまめな連絡や「また会いたい」「留学生活で困ったことはない?」「ごはんごちそうするよ」「今何してるの?」などの言葉は重く感じるようになってしまいました。

 

最終的には、私の通っていた留学先の大学までプレゼントを持って待ち伏せをするストーカーになりました。
それ以来、ネットの出会いは怖くて信用していません。
お寺婚活(寺コン)